効率が良いWeb会議を開こう【外部からの影響も受けにくい】

IT用語の基礎知識

男性

プラットフォームとは

現在のシステム開発ではマルチプラットフォーム対応したプログラムの構築が一般的であるとされています。こう言われて、すぐにピンと来る人は少ないはず。そこでこの記事では、マルチプラットフォームというIT用語の意味について、簡単に説明して行きます。はじめに、プラットフォームという語はIT用語でアプリやソフトウェアの動作する土台、場所環境を意味します。たとえばWindowsブランドであれば、WindowsOSにとってのプラットフォームがWindowsパソコンというハードウェアになります。そこへ様々なアプリやソフトをインストールすることで、私たちはパソコンを目的に沿って用いることが出来ます。それらのアプリやソフトにとっては、WindowsOS(Windows10など)がプラットフォームであると言うことが出来ます。マルチプラットフォームと言った場合、主に複数のOSで同じように動作するアプリやソフト、またはシステムのことを指します。複数人である作業を行いたい時、WindowsOSのみで動作するソフトを使っていては、MacOSの搭載されたパソコンを持っている人は作業に参加出来ません。こういった不便さに対処するため、マルチプラットフォーム対応したソフトの開発が一般的になっているのです。ゲーム業界では、マルチプラットフォーム展開という販売戦略が近年一般的になっています。これは複数のゲーム機(ハードウェア)で遊べるようなゲームソフトを開発し、販売するため、そう呼ばれているのです。この場合にIT用語を用いれば、ゲームソフトにとってのプラットフォームが、種々のゲーム機であると言うことが出来るでしょう。IT用語については、なかなかなじみのないものがたくさんあります。一つ一つ覚えて、知識の道具として活かして行きましょう。

Copyright© 2018 効率が良いWeb会議を開こう【外部からの影響も受けにくい】 All Rights Reserved.